fc2ブログ
小説家タカノカオルのフリー小説置き場。 どうぞご自由にご覧くださいませ♪ 一言だけでも感想いただけると泣いて喜びます。
フリー小説の邯鄲
蝶を狩る 第4回
2007-06-07-Thu  CATEGORY: 【連載中】蝶を狩る
第4話 誰かの物語《ハナシ》-PartB-

 五月雨の季節には、お気に入りの若紫の蛇の目傘を使う。
 傘の下で、天から落ちてくる水の珠を覗き見るのは、すごくキモチイイ。
青々とした緑がぼんやり、夜の明かりにけぶっている。木々が雨を浴びて大きく伸びをしている姿を見るのも、たまらなく背筋がぞくりとする。

 駅に近づくにつれて、行き交う人々も増えていく。
 ちらりと横を見やれば、隣を歩いている背広姿の男は黄色の蝶。同じ高校の制服を着ている少女は萌葱色の蝶。
 羽の模様や色形が少しずつ違うのだけど、揚羽蝶に一番よく似ている。
 模様や色だけが確実に違うみたい。

 携帯で理名に電話してみたけど、出てくれなかった。今頃、彼女は楽しくアニメを見てる時間だろうし。そんなときは電話なんぞ出てくれやしないんだもん(しかも今日は彼女の大好きなケロロの日)。

 人通りの少ない、公園の前を通りかかった。
 消えかかっている蛍光灯。

 軋む。

 ギリギリとした圧迫感。
 耳が痛くて、思わず耳に手を当ててふさぐ。

 痛みに、指に力が入る。
 食い込んだ爪のギリギリとした感触に、ようやく自分を保てる。

 蝶があたしの顔の前で飛ぶ。
 まるで守ろうとしてくれてるみたい。
(華奢なくせに、アンタじゃあたしを護れないよ)

 にゅるり。

 木々の影から、白い手が出てきた。血管が青く浮きだっている。
 爪には固化した血の黒と泥が食い込んで、髪の毛が数本、指にもつれていた。

 声が上げられず、ただ呆然とそれを見つめる。
 傘が足元に落ちた。水がはねる。
 手が伸び、首筋をとらえる。

 指に入った力は、強いなんて感じる暇もなくただ熱かった。ふれられているところが火傷しているようで、骨がきしむ音が聞こえるような気がした。咳き込んでいつのまにか涙が出る。雨が顔にぶつかるように落ちてくる。いっそう強くなる雨は、まるであたしを敵視しているみたいだ。

 その時。

 蝶が銀色の光を撒いた。

 目が眩むような光になって輝く。思わず、強く目を瞑った。

 気を失いそうになった瞬間、鈴が鳴るような笑い声が聞こえた。子供の声。

 ―――私の名前を、忘れているようだね

 耳ではない。頭に、直接響いてくる音ではない振動。
 気が狂いそう。頭がズキズキする。

 ―――近いうちに、私の『手』がお前に呪いの印をつけるだろうよ

(誰か……!)
「美遊!」
 武流の声がした。

 パン!
 
 小気味いい音がした。鎖が弾けたような、さばさばとした音。
 途端に体から圧迫感がなくなった。ゆっくりと目を見開くと、手はなくなっていた。あたしはようやく、自分が武流の腕の中にいることに気がついた。
「ちょ!」
 武流を突き飛ばすと、思った以上に飛んだ。
「あちゃ」
 蝶がやさしくあたしの手の甲にとまる。
 冷汗が首筋を伝って、鎖骨のあたりにまで流れていた。
 バッグから手鏡を取り出し、ハンカチで汗をぬぐおうとして、気がついた。

 首が真っ赤に腫れ上がっていた。

 背筋がぞくりとした。
 あれは夢じゃないし幻覚でもない。
 本当に、殺されかけた。


「なんで」
 声を出すと、喉が痛い。
「あ、うん。茉莉に聞いたんだ。家を飛び出したから捕まえてって」
「違う、そうじゃない」

 なんで、あたしがこんな目に遭わなくちゃいけないの。

 今更自分の手足が震えているのに気がついて、我慢ならなくなった。

「あたしに構わないでよ!」
 何を勘違いしたのか、頭をかきながら武流は言った。
「いや、でも、一応イイナズケだし」

 空気を切り裂くような振動が響く。

 いつのまにか彼の頬をぶっていた。

 きょとんとした表情で、ゆっくりとぶたれた頬に手を当てる。叩かれた頬が赤く染まっていく。
「痛い」

 ぽつりと、怒るでも叫ぶでもなく武流は呟く。

「そりゃそうでしょうね。っつーか、あたしスキなヒトいるし。大体、なんでそんなに受け入れ態勢いいのよ」
 叫んでから喉が痛くて、ゴッホゴホと咳き込んだ。あたしの背中をさすりながら、武流は呟くように言った。
「いや、だって。オレ、記憶あるもん」
 思わず、振り返って背中をさすり続ける武流を見た。
「……え」
「だから、桓武の記憶。オレ、持ってるんだわ」
「妄想」
「じゃなくってww」
 言葉もない。

 どう返せと。

 なんと言っていいのか分からず、もうなんかよくわかんないけど泣きそうになった。

「もう……ちょっと一人にして!」
 思い切り駆け出した。
「おい! だから危ないんだって」
 彼はあたしを追ってきた。

(絶対に撒いてやる)

 雨の中ぼやけた視界の中で、誰かの肩とぶつかって顔を上げた。
 クラスメートの雪水結花が目を大きく見開いて、あたしを見つめていた。
「美遊ちゃん、どうしたの」
 結花の目があたしの首もとに止まって、眉をひそめた。
「その首、何!? 真っ赤じゃない」
「結花、かくまって!」
「……え?」
 雨はやまない。
 やむ、気配もない。


nnr.gif
ネット小説ランキング>現代FTコミカル部門>「蝶を狩る」に投票


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)

ブログランキング
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2023/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 フリー小説の邯鄲. all rights reserved.